top of page

解体工事のアスベスト調査義務について


天井に吹き付けられたアスベスト(石綿)

アスベスト調査義務はいつから開始されるの?


令和4年4月1日から、当社のように建築物等の解体・改修工事を行う施工業者は、大気汚染防止法に基づき当該工事における石綿含有建材の有無の事前調査結果を都道府県等に報告することが義務づけられております。



アスベスト調査義務が発生する対象は?


アスベスト調査義務が発生する対象は、建物や構造物の解体工事を行う際に一般的に対象となります。つまりアスベストを使用して建築していた時代の建物はアスベスト調査の義務が発生する場合があります。

アスベスト調査が必要な解体工事事例

建築物の解体工事 古い建物や構造物を解体する場合、アスベストを含む建材や断熱材が使用されている可能性があります。解体工事を行う前に、アスベストの有無を調査することが求められる場合があります。


建物の改修・リノベーション 既存の建物の改修やリノベーションを行う場合も、アスベスト調査の義務が発生することがあります。特に、壁や天井の内部にアスベストが使用されている可能性がある場合には、調査が必要とされることがあります。


工場や施設の解体 工場や施設などの産業用建物を解体する場合も、アスベスト調査の義務が発生することがあります。


アスベスト調査の義務は、建物の所有者や管理者、解体業者などに課されることが一般的です。 建物の所有者は、解体工事を行う前にアスベスト調査を実施して、作業者や周囲の人々の安全を確保する責任があります。




そもそもアベストって何?


アスベストは、かつて建築材料や断熱材として広く使用されていたガンを引き起こす物質です。 そのため、建物や構造物の解体工事を行う際には、アスベストの有無を確認することが非常に重要です。 アスベストを含む材料が解体されると、繊維が空中に飛散し、作業者や周囲の人々の健康に深刻な影響を及ぼす可能性があります。


多くの国や地域では、解体工事に際してアスベスト調査を義務付ける法律や規制が存在します。具体的な義務や要件は国や地域によって異なる場合がありますが、一般的な内容としては以下のようなものが考えられます。


調査の範囲と対象物 解体対象となる建物や構造物に含まれる材料や部位について、アスベストの有無を調査します。特にアスベストが多く使用される可能性が高い部分に重点的に調査を行います。


調査方法 アスベスト調査は専門的な技術や設備が必要となります。 調査を行うためのサンプル採取や詳細な観察を行う専門の企業や資格を持った専門家が調査を行います。


報告書 アスベスト調査の結果は報告書としてまとめられます。この報告書には、調査の範囲、調査結果、アスベストの有無、必要な対応策などが記載されます。


対応策 アスベストが検出された場合は、解体工事を行う前に適切なアスベスト除去作業が必要になることがあります。除去が困難な場合は、封じ込めなどの対策を講じる必要があります。


違反への罰則 アスベスト調査の義務を怠った場合、違反行為として罰則が科されることがあります。罰則には罰金や法的な制裁などが含まれます。



アスベスト調査に関する具体的な要件は、専門業者に聞く事が一番です。 また、アスベスト調査や除去作業は専門的な作業であり、訓練を受けた専門家に依頼することで近隣様へも安全な解体工事ができます。



アベスト調査を行うにあたり当社がもつ資格


当社はアスベスト調査を行うにあたり以下の資格保持者がおります。

  • 石綿作業主任者

  • 一般建設廃棄物石綿含有調査者



アベスト調査にかかる費用について


アスベスト調査にかかる費用は、7万円~13万円が相場となっております。(事前調査含む)



当社のアベスト調査費用は全国的にも最安値

当社のアスベスト調査費用は 3万~4万(交通費別)となっております。 当社への解体工事依頼が前提の場合となります。 また、アスベスト調査のみのご依頼の場合は 6万~8万円となりますがそれでもどこの解体工事会社よりも安いと自負しております。 今年に入り、アスベスト調査に関するお問い合わせが増えておりますので、引き続き当社ホームページでも紹介させていただきます。

Comments


bottom of page